引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1652574046

1: 名無しさん@おーぷん 22/05/15(日) 09:20:46 ID:odRd
1.牛乳
牛乳に含まれるタンパク質の約80%を占めるカゼインは、腸を傷つける
カゼインが未消化で腸に送り込まれ、腸に炎症を起こすことで腸粘膜のつながりが悪くなりバリアが破たんし腸に穴が開く
そして本来体内に入るべきでない物質が血液中に入り込んでしまう
さらに必要な栄養の吸収ができなくなったり、腸内免疫が狂ってしまったりもする
これを、リーキーガット症候群と言う
これにより慢性的なアレルギー症状や免疫異常を起こす
また、牛乳のカゼインからカゾモルフィンというモルヒネ様物質が出る
これには依存性があり、牛乳が好きでなかなかやめれないといったことが起こる
さらに牛乳にはカルシウムが豊富に入っているが、牛乳のカルシウムは残念ながら吸収されない
本来カルシウムは、体内で吸収されるために胃でイオン化されたあと、腸で吸収され栄養素として使われる
しかし、牛乳中のカルシウムの多くがカゼインと結合しているためイオン化せず、吸収されない


【実は体に悪い食べ物を教えてやるwwww】の続きを読む